医学部に進学したいなら予備校に通おう|絶対合格

相場を知る

医学部へ進学する場合、医学部予備校での学習が大きく役立ちます。しかし、医学部予備校は専門的な学習が学べる分、学費が高いのが特徴です。学費をあらかじめ把握するためにも、比較サイトを利用して判断していくのもおすすめです。

医者になる為に通う学校

医者と看護師

医者になるには大学へ行く

医学部に入る為には、予備校へ入る人が殆どです。大手予備校に入る方法と医学部専門の予備校に入る方法があります。大手予備校は、医学部のある大学へ行く人専門の予備校という訳ではありません。一般の国公立大学や私立大学へ行く人と一緒になって勉強します。クラスの人数も多いため、多くの人から刺激をもらえ勉強に役立ちます。一方で質問しづらい特徴もあります。しかし学費は安いので通いやすいです。一方医学部専門の予備校は、家が病院を経営しているなど、家族が医者の人が大変多く通っています。学費が高額な事もあり、家庭によっては経済的な負担も考慮しておくことが大切となります。現在の予備校にかかる費用の相場は300万円から600万円程です。しかし、医学部に合格してからも年間1000万円という学費が必要となるところもあるのです。そのため、予備校へ通う際にはカリキュラムの内容だけでなく、費用などもきちんと確認してから目的に合ったところを決めることが大切です。しかし医学部専門の予備校に通えば少人数制のクラスで有名講師から手厚い指導を受けることが出来ます。個人的な質問にも丁寧に答えてもらえます。なので医学部の合格率は大手予備校に比べてかなり高くなるのです。その様な敷居の高い医学部専門の予備校ですが、安い学費で通う方法があります。それは選抜コースに入る事です。偏差値の高い人だけが入る事が出来るのです。費用も一般コースの半額程で済みます。これは大手予備校とほぼ同じぐらいの値段です。さらに選抜コースでトップの人は無料で通えるケースもあります。

予定管理も勝負のうち

文房具

私立大学の入試日程を知ることは、出願の期日を忘れないようにし、確実に受験できるようにすることと、目標を明確にして、計画的な勉強を可能にすることの2つの利点があるので、しっかりと把握すべきです。入試日程は私立大学では大学ごとに異なるので、大学ホームページの参照や入試要項の取り寄せをしましょう。

実績のある方法で

ウーマン

中学受験に臨む場合、小学校の授業だけでは合格を勝ち取ることは難しいのが現実です。基礎力はもちろん、志望する中学の出題傾向に応じた応用問題に対応するためには、実績のある学習塾や家庭教師の示す勉強法を取り入れるのが確実な方法です。